乾燥肌と皮膚疾患もある超敏感肌!でも黒ずみをきれいにしようと思ったきっかけ

超敏感肌超敏感肌だからとずっとケアを怠っていた私の真っ黒なひじとひざを、乳首にも使える黒ずみクリームでケア

10代の頃から乾燥肌に悩み、25歳ごろに免疫性の皮膚疾患を発症した、日常生活でも肌刺激から肌荒れを起こすほどの超敏感肌の持ち主です。色白で日光に当たっても赤くなるだけで黒くなないので、完全に油断していました。日焼けしない人の方が紫外線の影響を受けやすいと知るまでは、どうせ日焼けしないんだからと、ロクにUVケアもしていなかったんですよね。肌が弱すぎて、低刺激のアイテムでも、赤味や痒みが出てしまうという理由もありましたけど。長時間屋外で過ごしていると、夏以外でも、雨天でも水ぶくれや肌荒れを起こしてしまうので、滅多に肌は露出しないのですが、可愛い服が売られていたので試着してみたところひじとひざが黒ずんでたんですよ。真っ黒に近く、やばかったです。日ごろは腕や脚を出さないので気づいていませんでした。せっかく可愛い服を見つけたのに、黒ずんでいたのでは・・・恥ずかしくて着られません。敏感肌でも使える黒ずみ*ケア用のクリームはないものかと探していた時に口コミで見つけたのがホスピピュアでした。

超敏感肌の私が選んだホスピピュアはこんなクリーム

黒ずみクリームでも使えるおすすめクチコミ評判の黒ずみ改善いいクリームホスピピュアは湘南美容外科が、乳首の黒ずみ*に共同開発した美白クリームです。女性の肌や美容に詳しい美容外科が、デリケートな乳首に使えるものとして作っているくらいですから、乾燥からくる超敏感肌でも使えそうだと思えました。通常価格で9,000円というのは、正直ちょっと高すぎるとも思ったのですが、定期コースだと5,500円ですから、本当に肌に優しくひじの黒ずみケアできるのなら、続けてみても良いと思える金額ギリギリのラインでした。

プッシュポンプ式の容器は、手のひらに収まってしまう程度のサイズで、乳首ならともかく、ひじとひざに使うとなると、1本では1ヶ月もつのか心配になる大きさです。10回以上空押ししてやっと出て来たクリームは、クリームというよりも、やや重めの乳液っぽいテクスチャでした。
においをかいでみると、コスメっぽいにおいが軽くあるものの、わざとらしい香り付けをされていないので気にならない程度です。小振りな容器なので、すぐになくなってしまいそうだと思ったのですが、滑らかで伸びが良いので、思った程の量は使いません。生来の肌の弱さに加え、乾燥性敏感肌と肌疾患のある身ですが、肌刺激は特に感じませんでした。

超敏感肌朝と入浴後のスキンケアの後に、両肘に1プッシュ、両膝に2プッシュ分を使っていました。使用開始から2週間程経つと、ホスピピュアを塗っている場所はカサつきが気にならなくなってきました。定期便が届くのが早いか、ホスピピュアが無くなる方が早いかというギリギリのところで、新しいホスピュアが配達されました。1本で何とかギリギリ1ヶ月持ちました。2本目を使い終わる頃には、私の超敏感肌にも肌のカサつきはなくなり、うるおいが戻ってきました。
そのため比較的黒ずみの薄かった右ひじはキレイな肌色になり黒ずみ*が目立たなくなりました。無意識にひじをつくクセのある左ひじと、パンツで擦れやすい両ひざは、まだ薄っすらとグレー掛かっていますが、意識して見ないと分からない程度です。

毎月5,500円というのは、コスメの予算を若干オーバーしてしまうのですが、肌刺激がなくしっとり感もあるので、ひじとひざの黒ずみ*対策や、顔の透明感アップ用に継続しても良いかと思っていますよ。乾燥性敏感肌でも使えるアイテムは貴重ですから。
ホスピピュア

※黒ずみとはメラニン生成によるシミ。メラニンを含んだ古い角質によるシミ
注:体感には個人差があり効果・効能を保証するものではありません。