長年悩み続けていたデリケートゾーンとひざの黒ずみ注1

ひざの黒ずみに効果があるおすすめクリーム口コミ黒ずみが消えた黒ずみ注1には保湿力が高いクリームであることが鉄則!長年のごわつきも改善された私の黒ずみクリーム体験談

ひざの黒ずみに効果があるおすすめクリーム口コミ黒ずみが消えた足の付け根の内側のデリケートな部分の黒ずみ注1ひざの黒ずみ注1を改善したくて、ドクターシーラボの薬用Body Pinkを使っていました。薄目のピンク色をしたクリームで意外と固めのクリームでした。でも、逆に緩すぎるクリームよりも黒ずみ注1の気になる部分にピンポイントで使う事が出来るので、これくらいのテクスチャーの方が良いと思います。固くても少し温めて使うと伸びは良く塗りやすいです。デリケートな部分にも使えるだけあって、刺激は一切ありませんでした。塗るとしっとりとするんですが、ベタつく事がなくサラッとするので不快感がありません。だから、Body Pinkを塗った後、すぐに下着や洋服を身につけることが出来るところがお気に入りでした。

注1:黒ずみとはメラニン生成によるシミ。メラニンを含んだ古い角質によるシミ

黒ずみ注1改善クリームBodyPinkを使い続けてみた

使い始めてすぐに黒ずみ注1が目立たなくなるという訳ではありませんでしたが、使用した部分の肌触りがツルツルととても良い感じになりました。特にひざは、黒ずみ*だけではなくゴワつきも悩みのタネでしたが黒ずみ*よりも早くゴワつきをが柔らかくなったのを実感することが出来たんです。Body Pinkを塗ることで、膝がしっとりと柔らかくなり、ストッキングが引っかかる事もなくなりました。ひざの黒ずみに効果があるおすすめクリーム口コミ黒ずみが消えた
デリケートゾーンの黒ずみ注1に関しては、完全に分からなくなったという訳ではありませんが、Body Pinkを使っていなかった時と比べると徐々に目立たなくなっていると思います。ひざの黒ずみ注1にかんしては、足の付け根以上に目立たなくなりました。デリケートゾーンの黒ずみは、長年気になっていた色素沈着なので膝よりも目に見えて感じられるのは遅いようです。部分的に使っているだけなら、一つでも結構持つのでコストパフォーマンスも悪くありません。ただボディクリームとして広い範囲に使うと、無くなるのは早いと思います。

注1:黒ずみとはメラニン生成によるシミ。メラニンを含んだ古い角質によるシミ

Body Pinkのデメリット

使用感も良いし、黒ずみ注1対策にしてはそこそこの対策となっていると思うのでリピートしたいなと思うのですが、少しお値段が高めなのがネックです。もう少しお値段が安めで黒ずみ注1ケアをしてくれるものはないかな?と探しているのですが、色んな面を総合するとBody Pinkが今までで一番気に入っています。

ドクターシーラボ 薬用ボディ・ピンク 50g

新品価格
¥4,104から
(2016/3/30 15:18時点)


注1:黒ずみとはメラニン生成によるシミ。メラニンを含んだ古い角質によるシミ
※体感には個人差があり効果・効能を保証するものではありません。